2009年09月26日

NY円、大幅続伸 為替介入への警戒感後退

NY円、大幅続伸 為替介入への警戒感後退

 【NQNニューヨーク】25日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に続伸。前日比1円65銭円高・ドル安の1ドル=89円55〜65銭で大方の取引を終えた。日本による為替介入への警戒感が一段と後退したことなどから、円買い・ドル売りが加速した。円は一時、約7カ月半ぶりの円高水準となる89円51銭まで上昇した。

 20カ国・地域(G20)首脳会議が景気刺激策の継続で合意するとの報道を受け、米金融緩和の長期化観測が台頭。金利の低いドルを売って、円やユーロを買う動きが優勢になった。円は対ユーロでも大幅に続伸。前日比2円15銭円高・ユーロ安の1ユーロ=131円65〜75銭で取引を終えた。 (10:03) 

9月26日 日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090926AT2M2601926092009.html

posted by オリラジ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128881099

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。